株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

最新学会・論文情報Research Presentations

2013/09/04

「ヨーロッパ経腸栄養学会(ESPEN)2013」


【日時】 2013年8月31日(土)~9月3日(火)
【場所】 ドイツ(ライプツィヒ)
 
平成25年8月31日より、ドイツにおいて「ヨーロッパ経腸栄養学会 / ESPEN 2013 (35th ESPEN Congress)」が開催されました。本学会において、複数の研究グループよりAHCCなどに関連する研究発表が行われました。
 

 
【演題1】 Effect of Bifidus BB536 and Active Hexose Correlated Compound on Immune Function in Healthy Individuals(健常人の免疫機能に対するビフィダスBB536とAHCCの効果)
【演者1】 Abeed H. Chowdhury, Dileep N. Lobo, et al. (University of Nottingham, UK)
 
【演題2】 Alleviating Effect of AHCC for Chemotherapy-related Side Effects in Unresectable Pancreas Cancer Patients(切除不能膵がん化学療法患者におけるAHCCの副作用軽減効果)
【演者2】 柳本泰明(関西医科大学外科)ら
 
【演題3】 Effects of the Enzyme-Treated Asparagus Extract on the Induction of Inducible Nitric Oxide Synthase in Hepatocytes(肝細胞中のiNOS誘導における酵素処理アスパラガス抽出物の効果)
【演者3】 西澤幹雄(立命館大学)ら
 
【演題4】 Effect of Enzyme-Treated Asparagus (ETAS) on the Stress Response Substance in the Clinical Trial(ストレス反応物質に対する酵素処理アスパラガス抽出物(ETAS)の効果の臨床的検証)
【演者4】 久島達也(帝京平成大学)ら
 
 
ヨーロッパ経腸栄養学会(ESPEN) ホームページ
http://espen.anavajo.com/espencms/