株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

Oligonol(オリゴノール)ライチ由来低分子化ポリフェノール

GCP生産の基本原理

Oligonol(オリゴノール)は生体への吸収が低いとされるポリフェノールのポリマーを生体吸収性および活性の高いオリゴマーへ変換した世界初の”低分子化ポリフェノール”です。
Oligonolは、一般的ポリフェノール抽出物よりも非常に吸収性がよく幅広い抗酸化・抗老化作用の可能性があり、研究を進めています。

論文・学会発表一覧

Oligonolとは

名前の由来は“Oligomer Polyphenol”を略したものです。
Oligomer(オリゴマー)とは、一般的に比較的分子量が低い重合体(モノマー、ダイマー、トリマー等)を意味しており、ライチ果実から抽出したポリフェノールポリマーをより体内に吸収されやすいオリゴマーに低分子化した機能性素材がOligonol(オリゴノール)です。
ポリフェノールは多種多様な植物に豊富に含まれ、抗酸化作用などを有することが知られております。しかしながら、成熟するにしたがって重合度が増し、ポリマー化するため、経口的に摂取されたときの生体内への吸収が悪いと考えられています。
一方、Oligonolは、世界で初めて工業生産が可能となった低分子化ポリフェノールであり、生体への吸収性に優れ、生体内で高い抗酸化活性を示すことが期待されます。

生体吸収性について(PDF)

Oligonol(オリゴノール)は従来の高分子量のポリフェノールに比べ、速やかに吸収されます。
また、継続的に摂取することにより血中のポリフェノール濃度を高く維持できることがわかっています。

ポリフェノール低分子化の模式図


血液中濃度推移

製造方法

ライチの世界最大の生産国でもある中国で収穫されたライチは、アミノアップ化学と独占契約を結んでいるライン社(桂林)を通じて日本へ運ばれてきます。
この間のトレーサビリティーとして栽培農家、一次加工工場などの生産管理と農薬などの細かいチェックが行われております。
その後、アミノアップ化学の工場において、ライチポリフェノールの低分子化、抽出、精製が行われます。このポリフェノールの低分子化技術はアミノアップ化学が長崎大学との共同で開発した技術であり、すでに特許を出願済です(長崎大学薬学部との共同出願)。

組成と特徴について(PDF)

製造方法

成分

Oligonol(オリゴノール)はプロアントシアニジンのオリゴマーを豊富に含み、モノマー及びオリゴマー(二、三量体)含有量が既存のポリフェノール製品に比べて2~8倍高くなっています。 植物から抽出されるポリフェノールには通常、数%しか含まれないオリゴマーが低分子化により格段に増加します。
これによりOligonol(オリゴノール)は幅広い「抗老化力」を発揮します。

成分

安全性

Oligonol(オリゴノール)はライチの果実を原料としており、その食経験からも安全性の高い食品です。
Oligonol(オリゴノール)そのものについてもGLP基準に準拠したラット単回経口投与毒性試験、90日間ラット反復経口投与毒性試験、復帰突然変異試験(Ames試験)、小核試験のほか、3ヶ月探索的臨床試験、ヒト健常人に対する安全性試験(PhaseⅠ)などにより、安全性が確認されています。
また、米国FDA(Food and Drug Administration)においてGRAS(Generally Recognized As Safe;一般に安全とみなされる食品素材)及びNDI(New Dietary Ingredient 新規食品成分)として登録されており、その食品としての安全性が認められております。

  • 単回投与毒性試験
  • 復帰変異原性試験
  • 三ヶ月反復投与毒性試験
  • 健常人によるモニター試験

Oligonolの成分規格値(細粒100gあたり)

性状 濃赤褐色の粉末
渋味を有する
水分 5.0%以下
総ポリフェノール 70%以上
モノマー 10%以上(EGCG5%以上)
0.2ppm以下
ヒ素 1ppm以下
一般生菌数 1000cfu/g 以下
カビ・酵母 不検出
大腸菌群 不検出

受賞歴

2005年
ものづくり日本大賞
ものづくり日本大賞
2006年
北海道新技術・新製品開発賞
北海道新技術・新製品開発賞
2007年
ICPH2007大賞
国際ポリフェノール学会
ICPH2007大賞
国際ポリフェノール
学会
2008年
NutrAward2008
NutrAward2008