株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

AHCCActive Hexose Correlated Compound

AHCC:担子菌由来培養抽出物

AHCC(Active Hexose Correlated Compound:活性化された多糖類関連化合物)は担子菌菌糸体を大型タンクで長期間培養して得られる菌糸体培養抽出物です

論文・学会発表一覧


AHCCとは

AHCC(Active Hexose Correlated Compound)とは、担子菌(キノコ類)の菌糸体を大型タンクで長期間培養して得られる抽出物です。
担子菌(キノコ類)の菌糸体を長期培養することはこれまで難しいとされてきましたが、AHCCは独自の無菌維持設備培養条件により、長期培養を可能としました。

AHCCとは

製造

製造工場は、品質保証の国際規格ISO9001と食品安全・衛生管理の国際規格ISO22000、健康補助食品GMPを取得しており、食品衛生・品質管理の充実がはかられています。
一般的に担子菌(キノコ類)由来の健康食品は、天然の原料を使用しているため、製品によって内容成分が異なる場合があります。
一方、AHCCは、製造時に徹底した管理が行われているため、その品質は一定に保たれており、それが他の全ての健康食品との違いの一つであると言えます。
また、AHCCは、世界でもアミノアップ化学の工場1ヶ所でのみ製造されています。


成分

通常のキノコ製品の主成分はβ-グルカンと呼ばれるものですが、AHCCは独自の製法によって他にみられない物質が得られています。
AHCCの主成分はアシル化されたα-グルカンです。
アシル化α-グルカンは比較的低分子(分子量約5000)で、通常のβ-グルカンの分子量が数万から数十万であることから、β-グルカンよりも吸収されやすくなっています。
その他にも、AHCCには担子菌の培養・酵素反応によって得られるさまざまな成分が含まれています。

AHCCには、担子菌(※)菌糸体を長期液体培養し、担子菌が産生する酵素がさまざまな成分と反応することによって産生されるAHCC特有の成分が含まれます。
AHCCには部分的にアシル化されたαーグルカンのほか、いくつかの新規物質の存在が確認されています。

成分

安全性

AHCCはキノコとして古くから食されてきた担子菌の菌糸体を原料としており、その食経験からも安全性が証明されております。
AHCCの安全性に関しては、ラットによる単回経口投与毒性試験、単回腹腔内投与毒性試験、4ヶ月反復投与毒性試験、変異原性試験のほか、ヒト健常人に対する安全性試験(PhaseⅠ)などにより、無毒性であることが報告されており、食品としての安全性が確認されています。
また、1989年に商品化されて以来、数十万人の人に使用されてきましたが、毒性や重篤な副作用は報告されておりません。

AHCCの成分規格値(細粒100gあたり)

性状 淡褐色の細粒
特異な味と香りを有する
水分 3.0g以下
タンパク質 6.0~9.0g
脂質 33.0~38.0g
炭水化物 49.0~54.0g
灰分 3.5~5.5g
ナトリウム 400~900mg

AHCCの機能性

AHCCの機能性

AHCCについては免疫賦活作用(動物実験)、化学療法剤の副作用軽減作用(動物実験)、感染性防御作用(動物実験)、自然免疫(DC細胞)増強作用(ヒト)などが報告されています。
AHCCは日本国内では食品として扱われており、海外では機能性食品として中国、タイ、韓国などではFDA(国家行政機関)の認可を受けています。
専門家向けにAHCCの論文、学会発表の情報があります。

論文・学会発表一覧



AHCC研究会

研究会ダイジェストムービー

「AHCC研究会」では、毎年、世界各国の医師、大学研究者が会員となってAHCCの基礎及び臨床の研究報告を行っております。 毎年開催される国際研究報告会 AHCC研究会


受賞歴

2002年
全米ニュートラコン賞
全米ニュートラコン賞
2004年
経済産業大臣賞
経済産業大臣賞
2007年
全米静脈経腸栄養学会(ASPEN)学会賞
全米静脈経腸栄養学会(ASPEN)
学会賞
2007年
カルフォルニア大学デービス校 小砂教育研究基金に対する感謝状
カルフォルニア大学デービス校
小砂教育研究基金に対する感謝状