株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

品質管理体制Quality Management System

品質へのこだわり

お客様に高品質で安全・安心な商品をお届けするため、アミノアップ品質方針・食品安全方針のもと、品質保証活動を推進する体制を整え、製造工場において徹底した品質管理を行っています。

アミノアップ品質方針・食品安全方針

  1. 1.「安全で安心な食品」を消費者に提供することで社会に貢献する。
  2. 2.健康補助食品GMPならびに食品安全マネジメントシステムを含む品質マネジメントシステムを構築し、その有効性の継続的改善に努める。
  3. 3.法令・規制要求を遵守し、取引先と食品安全情報を交換し、相互理解に努める。
  4. 4.すべての要員に衛生管理の重要性を認識させ、食品安全に関する知識の向上を図る。

品質管理システムの導入

ISO9001:2008 認証取得

(株)アミノアップ化学では、国際標準規格であるISO9001:2000の認証を2003年に取得し、2008年にISO9001:2008に更新しています。
ISO9001(品質マネジメントシステム)とは、お客様に満足していただけるよう、良い製品を安定して提供する仕組み(システム)です。

JIA-QAセンターによるISO9001の登録証

ISO22000:2005 認証取得

(株)アミノアップ化学は、国際標準規格であるISO9001:2008の認証を2007年に取得しています。
ISO22000(食品安全マネジメントシステム)とは、安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCPシステムの手法を、ISO9001を基礎としたマネジメントシステムとして運用する、食品安全の仕組み(システム)です。

健康補助食品 GMP認定工場

(株)アミノアップ化学は、(財)日本健康・栄養食品協会による健康補助食品GMPの認定を取得しています。
GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で「適正製造規範」といいます。

  • 製造工程での人為的な誤りを防止します。
  • 製品の汚染及び品質低下の防止に努めます。
  • 個々の製品に係る品質の均質化を図ります。
GMP適合認定証

原料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで、適切な管理組織の構築及び作業管理 (品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と、適切な構造設備の構築(GMPハード)により、上記3項目を達成する仕組みを作り、製品の品質と安全性の確保を図ります。

製造現場では、これらの仕組み(システム)の土台となる「一般的衛生管理・5Sに注力し、安全で衛生的な環境づくりを継続して行っています。

アミノアップ化学ではこれらの品質マネジメントシステムに基づき従来にも増して安全で安心な製品の供給を品質方針として、製品の安全管理と品質保証体制を確たるものにしてゆきます。