株式会社アミノアップ化学 Amino Up Chemical

エコハウス棟ECO HOUSE

自然エネルギーを利用することで、省エネルギーで地球にやさしく、CO2 の削減にもつながっています。

生物多様性の配慮

工場建設にあたっては、周辺地域の生態系への環境影響を調査・分析するなど、生物の多様性を考慮した緑のネットワークを創出しました。

生物多様性の配慮

アミノアップ化学では、周辺環境の特性に基づいた「生物環境の保全と創出」のために様々な工夫がされています。

敷地の中央には多様な生物が生息できるよう、低い木から高い木までの階層構造を持った植栽エリアを設け、周辺自然林との連続性を持たせました。さらに沿道部へも在来樹木の植栽を行い、この地域に本来あるべき植生を創り出しました。

また、建物の下にはトンネルを設け、小動物が移動できるよう生物環境の保全に務めています。

そして、日本の国蝶であり準絶滅危惧種の「オオムラサキ」が好むエゾエノキの植栽をはじめ、周辺環境の特性に基づいた「生物環境の保全と創出」に力を注いでいます。

生物多様性の配慮